がん保険の必要性がんの発症率と治療費

日本人の2人に1人がガンになり、3人に1人がガンで亡くなる時代と言われています。がん保険の加入率は、徐々に増えてきており、平成22年では、日本全体の3割ほどで、生命保険加入世帯に限っても6割ほどとなっています。

がんは高齢になるほど罹りやすくなる病気で、20代や30代、40代でがんになる人は少ないのですが、50代や60代でがん保険に入ろうとすると、月額保険料がかなり高くなりますし、がんになってからがん保険に入る事はできませんので、できれば保険料が安い、健康な若いうちに加入しておきたいですね。

がん保険と医療保険の違い・がんの基礎知識

がん保険と医療保険の違い

がん保険と医療保険の違いは、保障の範囲や内容です。医療保険はあらゆる病気やケガによる入院・手術に対応していますが、がん保険はがんの保障に特化した内容になっています。

がん以外の病気やケガに対する保障はありませんが、そのぶんがんに対する保障が手厚くなっており、特徴的な給付金が「がん診断給付金」や「化学療法・放射線治療給付金」です。

がん診断給付金は、がんと診断された時点で100万円などのまとまったお金を受け取る事ができ、化学療法給付金は、入院や通院に関わらず抗がん剤治療やホルモン療法を受けた時に給付金が支給されます。

がんの基礎知識

がんは早期発見・早期治療で治る可能性が高い病気ですが、進行がんや再発・転移がんの場合、治癒することが難しくなります。がんには、悪性新生物と上皮内新生物(上皮内がん)がありますが、上皮内新生物の場合、手術で取り除けば再発する可能性もほとんどありません。

がんを早く見つけるためには、がん検診や人間ドックなどの検査が有効ですが、定期的に検診を受けていれば必ずがんが早期発見できるわけではなく、検診を受けることによるデメリットもあるので、がんは症状が出てから見つかるのが望ましいとする考え方もあります。

保険会社の選び方

医療保険やがん保険と言った第三分野の保険が自由化されたことで、2000年頃から様々な保険会社ががん保険を販売するようになっています。

昔は、1社独占で競争が行われていないような状況でしたが、今はガン保険ランキングを見てもわかるように、各社が色々ながん保険を販売しています。消費者としてはどれにするか迷ってしまう部分がありますが、選択肢があるのは良い事です。

保険会社の知名度や販売数で選んでも良いのですが、終身型がん保険の場合、一生の付き合いになることもありますので、保険料と保障内容で選びたいですね。

がんの治療法

保険のグループサイト

はじめて生保
保険の選び方と見直し
はじめて個人年金
人気の個人年金を比較
はじめて学資保険
学資保険の人気ランキング
はじめて医療保険
おすすめの医療保険の選び方